「砂の女」 安部公房 感想

  • 15 5月, 2013

<『砂の女安部公房

言うまでも無く、これまた名作として語り継がれる安倍公房さんの作品です。

海外向けにも翻訳されて出版されており、幅広く評価を受けていることもあり、満を持して読みました。

作品の世界は昭和の僻地で、村人に騙され砂の穴に閉じ込められた”男”が、なんとかして脱出しようともがくのですが、一緒に穴の中にいる”女”と周りの村人たちによって妨げられます。

読んでいるうちに気が付くのですが、なぜか自分がそこに居る感覚がするのです。そして暑さ、砂の煩わした、やるせなさといったことが必要以上に感じて取れます。

評価されるポイントは様々ですが、読者を引き込む力こそこの作品の魅力だと思います(受けた感覚はいやですけど。。。)

結末はどうなるかについては、ぜひ読んでみてほしいです。

「もし自分だったら・・・」と考えない人はいないでしょう。もしかしたら直ぐそこでもありえそうで、ありえない話「砂の女」。

勧めてくれた人に感謝です!

 


Comments are closed.