「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 感想

  • 15 5月, 2013

<『ゴールデンスランバー伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの作品では、これが初めて読んだタイトルでした。後々に知りましたが映画化されていたんですね。堺雅人さんが主演されているとのこと。おぉ、イメージにぴったりじゃないか。

主人公の青柳雅春(あおやぎ まさはる)だけでなく、青柳の大学時代の恋人である樋口晴子(ひぐち はるこ)など、複数の登場人物の視点で話が進む、いわゆるザッピングシステム?となっています。


物語自体は突然首相暗殺の実効犯として追われるというサスペンス仕立てとなっており、命を狙われながら逃亡していく様は、読み応えあります。

日本が舞台だと少々インパクトにかけるところがあり、スケールがやや小さくも感じますが、どんな人が読んでもシンプルに楽しめる内容ですね。小説を読むことが苦手な人でも、この作品であれば問題は無いでしょう。

主人公が逃亡していく途中、バラバラに登場してくる様々な人物たちが、一人また一人とつながっていきます。

窮地に追い込まれながらも懸命に行動していく主人公と、手助けをしてくれる人との繋がりは読んでいて心温まります。伊坂さんの作品は最後に「あーおもしろかった」と読了できるものが多いので、後味が良いのが好きです。

退屈な現実に飽き飽きしている方、どうぞご一読を!


Comments are closed.