「東京ダンジョン」 福田和代 感想 ネタバレ

  • 5 4月, 2014

”地下鉄、全線緊急停止!”物騒なキャッチとダンジョンという響きが気に入り手にとって見ました。ジャケットとタイトルや帯って大事だなとつくづく思う。東京の地下鉄など地中に存在する空間を”ダンジョン”と呼ぶ発想は無かったから、 … 続きはこちら →


「安楽椅子探偵アーチー」 松尾由美 感想 ネタバレ

  • 22 1月, 2014

SFミステリー小説は数多くありますが、”椅子”が探偵になるとは驚きです。しかしこの作品はただ単に事件解決や謎解きだけする作品ではありません。椅子が意識を持つようになった二番目の持ち主を探すというテーマがあるのです。


「ハング」 誉田哲也 感想 ネタバレ

  • 14 1月, 2014

”姫川玲子シリーズ”の「ストロベリーナイト」でも有名な、誉田哲也の警察小説です。ストロベリーナイトが結構気に入ったので、別の作品を読んでみようと思い、本作を選びました。色々と物申したいことがあるので感想を載せます。


「スティル・ライフ」 池澤夏樹 感想

  • 22 11月, 2013

ついに「スティル・ライフに」たどり着きました。いやー長かったです。池澤夏樹の作品を読む上でこの作品を読まずにいた自分に驚きです。ご存知第98回芥川賞受賞作品です!これでもかってくらいの池澤ワールドに飛ばしてくれました。。 … 続きはこちら →


「アンダルシア」 真保裕一 感想 あらすじ

  • 21 10月, 2013

「外交官 黒田康作」シリーズの第三弾。今回も邦人保護担当領事として、スペインなど西ヨーロッパを舞台に活躍します。数カ国を巻き込んで展開するので、黒田以外の登場人物も大変いい味を出して登場してくれます。


「リピート」 乾くるみ 感想 あらすじ

  • 24 9月, 2013

「タイムトラベル」と「ミステリー」が合体した珍しい形の物語です。10ヶ月前に戻れる「リピーター」達が、次々に命を落としていくのはなぜか?そしてタイムとラベル小説といえばやっぱり「こんなはずではなかった・・・」さてどんなは … 続きはこちら →


「ゾンビ日記」 押井守 感想 あらすじ

  • 28 8月, 2013

人類が皆ゾンビになってしまい、主人公の「俺」だけが生き残っている。そんな突拍子も無く、また最近よくある「世界終了andゾンビ化」な世界が舞台になっています。最初に本を手にとったときは、映画にもなった「アイ・アム・レジェン … 続きはこちら →


「玉村警部補の災難」 海堂尊 感想 あらすじ

  • 26 8月, 2013

「チーム・バチスタシリーズ」の続編です。桜宮市警の刑事:玉村警部補が、彼にとって絶対的君主である加納警視正に振り回され、こき使われながらも見事なコンビプレイを見せてくれる、数あるスピンオフ作品の中でも”ある意味”一番落ち … 続きはこちら →


「影法師」 百田尚樹 感想 あらずじ

  • 23 8月, 2013

武士の世界の過酷なまでの厳しさと、完全なまでの身分制度の中で、一人の武士が己の生涯を回想します。その中でかけがえの無い友と自分に起きた全てのことが明らかになっていきます。悲しくも切ない、それでいて心にしみる感動の作品でし … 続きはこちら →


「くちぶえ番長」 重松清 感想

  • 19 8月, 2013

重松清の小学校四年生時期を回想している物語です。どこまでが実話なのかは分かりませんが、主人公の”ツヨシ”と「くちぶえ番長」こと”マコト”との甘酸っぱい恋や、クラスのみんなとの楽しい思い出がいっぱい詰まった、心温まる作品で … 続きはこちら →