「とんび」 重松清 感想

「とんび」 重松清 感想

  • 23 7月, 2013

<『とんび』 重松清> 「流星ワゴン」に続き、またしても重松清の”父と子”に感動してしまいました。昭和から平成へと流れていく時代の中で、たった一人のわが子を愛し、慈しみ、不器用でも、不恰好でも、ただひたすら家族、息子の幸 … 続きはこちら →


流星ワゴン 重松清 感想

「流星ワゴン」 重松清 感想

  • 5 6月, 2013

<『流星ワゴン 』 重松清> 父親と自分、自分と息子という「父と子」について、こんなにも強く心を打たれた小説は初めてでした。


アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

「アルジャーノンに花束を」 ダニエル・キイス 感想

  • 27 5月, 2013

<『アルジャーノンに花束を』 ダニエル・キイス> なんと切ない物語なのでしょうか。久々に”切ない“という言葉を強く実感してしまいました。