「影法師」 百田尚樹 感想 あらずじ

「影法師」 百田尚樹 感想 あらずじ

  • 23 8月, 2013

武士の世界の過酷なまでの厳しさと、完全なまでの身分制度の中で、一人の武士が己の生涯を回想します。その中でかけがえの無い友と自分に起きた全てのことが明らかになっていきます。悲しくも切ない、それでいて心にしみる感動の作品でし … 続きはこちら →