くちぶえ番長 重松清 感想

「くちぶえ番長」 重松清 感想

  • 19 8月, 2013

重松清の小学校四年生時期を回想している物語です。どこまでが実話なのかは分かりませんが、主人公の”ツヨシ”と「くちぶえ番長」こと”マコト”との甘酸っぱい恋や、クラスのみんなとの楽しい思い出がいっぱい詰まった、心温まる作品で … 続きはこちら →


「とんび」 重松清 感想

「とんび」 重松清 感想

  • 23 7月, 2013

<『とんび』 重松清> 「流星ワゴン」に続き、またしても重松清の”父と子”に感動してしまいました。昭和から平成へと流れていく時代の中で、たった一人のわが子を愛し、慈しみ、不器用でも、不恰好でも、ただひたすら家族、息子の幸 … 続きはこちら →


流星ワゴン 重松清 感想

「流星ワゴン」 重松清 感想

  • 5 6月, 2013

<『流星ワゴン 』 重松清> 父親と自分、自分と息子という「父と子」について、こんなにも強く心を打たれた小説は初めてでした。